-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-22 23:56 | カテゴリ:2011・J1戦力分析
ジャンル:スポーツ テーマ:Jリーグ
昨年のアルビレックス新潟は、序盤の
大ブレーキによって、ACL圏内に一度も
入り込むことが出来ないシーズンとなって
しまった。

今シーズンは、黒崎体制2年目ということも
あり、ACL圏内を目標に気合が入っている。

昨年までの中心であったマルシオリシャルデ
スはチームを去ったが、しっかり補強を行い
今年こそは、ACL圏内で熾烈な争いを展開
したいものだ。

さて、今回は、2011シーズンのアルビレ
ックス新潟を自分なりの解釈で、少しでも魅
力や弱点を引き出せるよう戦力分析してみた
いと思う。

この戦力分析で、少しでもJリーグを盛り上
げる要素となればうれしいですね。

皆さんお楽しみにd(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では、早速参りましょう。

【2011 アルビレックス新潟 戦力分析】

①【選手動向】
・IN
ブルーノロペス・酒井宣福・菊地直哉
藤田 征也・長谷部彩翔・石川直樹・増田繁人
渡辺泰広

注目したい選手は、藤田・石川・菊池の3名。
昨年このチームは、前半30分まではじっくり
リズムを作ってそこから一気に攻撃に転じる
イメージがある。

それだけに、守備は重要なウェイトを占めて
いるのであると私は考えている

その守備陣を、昨年は永田選手が牽引して引
っ張っていたように試合から印象を受けたが、
その永田選手はもういない。

その代わりに藤田・菊池・石川の3名が補強さ
れた。
特に菊池選手はCBの出来る選手として期待
される選手である。

藤田・石川に対しては、サイドバックとして
攻守ともに期待したい。

新潟にはポテンシャルの多い選手がそろっている。
ミシェウやチョンヨンチョルがその代表だが、彼
らと新加入の選手達がどれだけ連携を取れるかで
新潟が上位に入るかどうかが決まってくるといっ
ても決して過言ではない。
それだけ今回は、彼らに対する期待が大きいのだ。

といいつつも、やはり新しい選手がチームにフィ
ットするかどうかは一種の賭けのようなところが
ある。

新しく入ってきた選手がチームの戦術になじむの
には多少なりとも時間がかかるのは仕方ないとこ
ろだが、新潟はACLを目指すチームに変貌しよ
うとしているだけに、しっかり戦術浸透させ、チ
ームにフィットしてもらいたいものだ。

今後の試合で、彼らがどれだけチームになじんで
いくかその点において注目したいところである。

・OUT
マルシオリシャルデス・明堂和也・西大伍
奥山武宰士・永田充・中野洋司・高木貴弘
ジョンパウロ

なんといってもマルシオの抜けた穴はとてつも
なく大きい。

攻撃の要であったマルシオがいなくなることは
非常に痛い。

我が神戸も彼には相当いたい目にあってきている。
得点源でもあり、ゲームを作れる選手であっただ
けに、一歩間違えると大幅に得点力を失い、今シ
ーズンは非常に苦しむこととなりかねない。

また、守備陣も守備陣をコントロールしてきた永田
と、第9節からほぼ毎試合出場していた西が抜けるの
も非常に痛いところである。

その分しっかり補強をしているので、新たに入って
くる選手達がチームにフィットすれば問題はないが、
連携面などで問題が発生すると大きな穴になってし
まいかねないだろう。

②【戦術・システム】
新潟の戦術は、バランスの取れた【4‐4-2】が基本
戦術となるだろう。
オプションで【4-3-3】もあるだろうが、前線で
基点となる選手が少ないので、
あくまでオプションとしてしか使われない気がしま
す。

攻撃面に関して言うと、マルシオの抜けた穴をどう
埋めるかの一点に尽きるといっていいでしょう。

神戸戦でも、マルシオは攻撃の基点となっていて、
嫌な存在でした。

今年はそのマルシオがいないので、どこを基点とし
て攻撃を仕掛けていくのか?

ミシェウ・チョンヨンチョル・三門を攻撃の基点と
しつつ、新加入の藤田をサイドからうまく絡めて行
くことが出来れば、得点力も大幅に向上し、上位争
いも実現的になってくるものと思う。

果たして実際のJリーグでどのような戦術で誰を基
点として試合を展開していくのか、私自身非常に注
目である。

新外国人選手にFWの選手であるブルーノロペスを
獲得したが、この選手も結構ポテンシャルが高いよ
うに感じた。

いきなり、マルシオの代わりを果たせるかどうかは
解らないが、新しく新潟の攻撃陣を活性化すること
は出来るだろう。

ミシェウ・チョンヨンチョルら外国人選手たちと絡
めると結構面白い攻撃を仕掛けられるような気がし
ます。

一方守備面では、永田・西の抜けた穴は大きい。

守備陣を牽引してきた永田・第9節からレギュラー
として定着していた西と、この二人の穴を埋めるべ
くサイド職人の藤田石川とCBも出来る菊池を補強
したことで、純粋に能力アップはしているが、連携
面においてはまったくの未知数。

今年は千葉が牽引しつつ、まったくの新しい布陣
で戦うこととなるだろう。

もちろん、鈴木・内打と駒はそろっているが、昨年
とはガラリと変わった新しい新潟の守備陣を形成す
る必要に迫られることは間違いないだろう。

千葉がどれだけ牽引できるか、そして、連携面がど
れだけ強化できるのか・・・

そこが守備面では大きな課題となる。

その課題がクリアできなければ、大きな穴ととなり、
とてつもなく苦しむ一年になりかねないだろう。

どちらにしても、今シーズンは新潟の進化が試され
る厳しいシーズンとなるのは間違いない。

この厳しいシーズンを乗り越えた先にはACLが待
っているだろうし、ACLに出場するためにも、進
化したアルビレックス新潟の姿を、サポーターは期
待していることと思います。

逆に対戦相手としては、連携面が整う前に、前半の
うちから攻撃を畳み掛けて一気に勝負をつけたいと
ころだ。

おそらく前半30分までが勝負どころだと思う。
あまりにもスローペースで入ってしまっては新潟の
思う壺となることと私は思います。

ゆっくりゲームを作らせることなく、一気に攻撃を
仕掛けていき、新潟をあわてさせることが一番の攻
略法ではないかと私は考えます。

【最後に・・・】
以上、2011シーズンのアルビレックス新潟を
自分なりの解釈で戦力分析いたしました。

皆さんいかがでしたか。

新潟にとって、マルシオリシャルデスがチームを
去ったことは非常に痛いことですが、新加入選手
や、現有戦力がうまく相乗効果を果たすと、今ま
よりも破壊力のある、スピーディーな試合運びを
出来るポテンシャルを新潟は持っているものと思
います。

どんな戦術及び試合展開をしていくのか、今後の
新潟の一つ一つのプレイに注目して今後の分析に
生かしていきたいと思います。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。
スポンサーサイト
2011-04-21 00:55 | カテゴリ:2011・J1戦力分析
ジャンル:スポーツ テーマ:Jリーグ
東日本を襲った巨大地震から1ヶ月ちょっとが過ぎ
少しずつ復興に向かって動き始めていますね。

といいつつも各クラブで影響は大きかったようです。
特に外国人選手にはこの震災はショックが大きか
ったようで、横浜F・Mのバスティアニーニ選手も突如
契約解除という運びとなったそうです。

この震災の後日本にいることは、家族にとって不安な
ことになるのでしょう。
こればっかりはどうしようもないですね。

震災から復興できたとき、また日本でプレイしてくれる
ことを願います。

さて、Jリーグもいよいよ23日再開いたします。
そこで、今回は、以前他のブログでもいたしました、横
浜F・Mの戦力分析を振り返りながら行いたいと思います。

皆さんお楽しみに。

①【選手動向】
・IN
大黒将志・※小野裕二・谷口博之・森谷
賢太郎・松本翔・小林裕三・青山直晃
キムクナン・武田英二郎
※小野裕二は2種登録から昇格。

注目は大黒・谷口・小野・小林・青山
キムクナンの5名。

その中でも大黒・谷口には期待がかかる
ところだろう。

OUTの項目でも述べるが、昨年から山瀬
清水・河合・坂田と前線および中盤の選手が
抜けているので、大黒・谷口には今までの
経験を生かし、この穴を埋めてもらいたいものだ。

谷口には、中盤のコントロールおよび、中盤の
底からのダイナミックな攻撃に期待したい。

また、大黒には、得点に対する嗅覚が鋭いので、
そこを生かしてバンバン得点に絡んだプレイを
期待したいところでしょう。

・OUT
坂田大輔・斉藤学・清水範久・河合竜二
山瀬功治・松田直樹・田中祐介・藤田優人
田代真一・浦田延尚・ジョンドンホ・バスティ
アニーニ

昨年はかなりの大鉈を振るったマリノス。
特に、坂田・清水・河合・山瀬・松田の抜けた
穴は大きい。

坂田・清水、山瀬は中盤から前線で機能してきた
選手だし、河合はボランチ・松田はボランチと
CBが出来る選手。

今までマリノスを支えてきた選手達を放出
してまでも今後の飛躍のためを考えると
大きな賭けに出ざるを得なかったのだろう。

マリノスファンには申し訳ないが、マリノスが
生まれ変わり常勝軍団になるためには、必要
なステップだったのかもしれない。

ただ、こんな大きな賭けをしているにもかかわらず
田中・藤田の両サイドバックまでも抜けられるという
アクシデントが発生。
そして一番のアクシデントは、今回の震災で突如
契約解除となったバスティアニーニの存在だろう。
一応主戦力という位置づけではないので、極端な
影響はないですが、貴重な外国人選手が、突如
いなくなるのは何らかの影響があると思います。

両サイドを含め選手が抜けた穴をどうやってカバー
するのかがマリノスにとって重要な課題だと、私は
考えています。

②【戦術・システム】
従来どおりバランスの取れた【4-4-2】がマリノス
の基本システムとなるだろう。

攻撃面では、マリノスはワイドに広がってスピーディー
に攻めるというよりは、じっくりゲームを組み立てて中
央から攻めるタイプである。

マリノスのサッカーを展開するには、最も中盤の機能
が求められると私は考えています。

中村・狩野・兵藤とゲームを組み立てる選手と
小野・大黒・渡辺のアタッカー陣がどのように
絡んで点を決めていくのか。
そこが、きわめて重要な部分である。

ということは、逆に言うと中盤が機能しないと
かなり苦しむことになるわけですね。

攻撃面で言うと、中盤が強みでもあるし、
ある意味弱みでもある。
まさに諸刃の刃だと思います。

守備面においては、CBの抜けた穴を埋められる
ように十分補強しているが、両サイドバックの抜け
た穴が埋まっていない。

層が薄くなり、両サイドから展開されるとほころびが
出るような印象も受けてしまう。
その辺の問題をどうクリアするのかが重要なウェイト
を占めているものと思われる。

ボランチも含めて中盤に強みがあるのはいいが
サイドがもろくなってしまうと、かなり苦しむことに
なりかねない。

新規加入の小林が右サイドを出来るようだが、
いかにチームにフィットするのかは未知数。

しっかり、連携を取り合いチームにフィットさせて
両サイドの強化に努めたいところだ。

再三にわたって言うが、マリノスの強みは中盤
であるし、その強みを発揮することでマリノスら
しい効果的な攻撃・守備が機能していく。
中盤でゲームを組み立てられる選手が多いだけ
に、じっくりスローペースでゲームを組み立てら
れれば上位進出の可能性も十分ありえるだろう。

だだし、セレッソ・ガンバ・サンフレッチェなどのような
攻撃的なパスサッカーを大胆に展開されたときサイド
から崩されてしまう恐れが十分考えられる。

その問題点を克服し、上位に進出することがマリノス
に出来るだろうか。
そして、相手側からしてみたときに、サイドに層が薄く
ある意味弱点といってもいいほど怖さをもつマリノスに
果敢にサイドから崩し、中盤からの支配をさせることなく
マリノスの牙城を打ち破ることが出来るのだろうか。

その点において注目しながら、今後の試合を観ていきた
いと思う。

【最後に・・・】

いかがでしたか?
今回は横浜F・マリノスを私なりの解釈で
分析してみました。

中村俊輔を筆頭に、中盤でゲームコントロールできる選手が
多いのはマリノスの最大の魅力であるが、両サイドの守備面
に層が薄く、サイドからの崩しにどう対応するのかで、今後の
マリノスの行方が決まりそうな気がします。

昨年大量放出をしたことがマリノスにどのように影響をもたら
すのかにも注目しながら今後の試合を観ていきたいですね。

再開初戦は鹿島とACLにも出場している強豪が相手。
スケジュールがタイトで体力的に苦しい鹿島だけど、それでも
元リーグ王者にとってそんなことはお構いなしといった感じの
仕上がりである。
この鹿島を相手に勝ち点3を取り、何とか勢いに乗りたいところ
でしょうね。

では、l今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。






2011-04-20 23:53 | カテゴリ:ヴィッセル神戸
ジャンル:スポーツ テーマ:Jリーグ
皆さんこんばんは。
まさやんです。
いよいよJリーグが再開されますね。

再開は第7節から入ります。
我らがヴィッセル神戸は、運命のいたずらか、
昨年途中まで、この神戸で監督を務めていた、
三浦俊也監督が率いるヴァンフォーレ甲府との
対戦となりました。
元神戸所属選手も多数いて、神戸にとっては
やりやすいようなやりにくいような相手ですが、
開幕戦を見ている限りでは、まだゾーンディ
フェンスは浸透しておらず、

中断期間中も戦術浸透できず苦しんでいる模様です。
ゾーンディフェンスは一度崩れると一気に崩壊するとこ
ろがあるので、神戸お得意の前線からの堅守速攻で一
気に崩して勝ち点3を取りに行きましょう。

甲府にはハーフナーマイクを筆頭に個人技+高さを
持っている選手がいますが、ゾーンディフェンスを崩し
孤立させてしまえばそんなに怖さを感じないという印象
を開幕戦で受けました。

もちろん警戒は必要ですが、警戒を強めすぎて自分達
のサッカーが出来ないのでは意味がありません。

まずはしっかり自分達の作家をすることが重要。
その上で相手の弱点を容赦なくたたいていくことが、
勝ち点3を得るために重要なウェイトを占めていること
でしょう。

現在の神戸の課題は守備ラインの統一であると
私は考えています。

広島戦やガンバ戦でもそうだったように守備ラインを
簡単に崩され失点するしーんが多いので、しっかり
連携を取り、まずは守備を崩されないこと。
そして、ビハインドに立たされたときも、焦って、
簡単な縦ポンサッカーをしないことが神戸に求めら
れていることだと私は、考えています。

攻撃面では、今年は上々の出来と思います。
森岡君、慶治朗を中心に効果的な飛び出しも出来てきて
後はポゼッションをどう高めていくのかということだけだと
思います。
結構期待は持てるのではないでしょうか。

しっかり守備の課題をクリアして、甲府を倒してか地点3を
取りましょう。

甲府に勝つと2連勝となります。
ここのところリーグ開幕後2連勝していないので、しっかり
連勝して勢いに乗りたいところですね。

頑張れ、ヴィッセル神戸。
そして、私達サポーターもトモニイコウ!!

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

ヴィッセル神戸『トラックジャ...

ヴィッセル神戸『トラックジャ...
価格:6,300円(税込、送料別)





おとなのアイテムヴィッセル神戸『シス...

おとなのアイテムヴィッセル神戸『シス...
価格:3,500円(税込、送料別)


2011-04-19 23:48 | カテゴリ:2011・J1戦力図
ジャンル:スポーツ テーマ:Jリーグ
先日チャリティーマッチで我らがヴィッセル神戸は
サンフレッチェ広島と対戦しましたが、水本トミッチ
をはじめとして、全体的にいい仕上がりになってい
るように感じました。
ミキッチ・李忠成に関しても出来は上々。
キーとなる選手の活躍で調子も上がっていくでしょう。

広島ファンとしては今年はまたACLへの挑戦権とな
る3位を目指し戦力を整えてくることでしょう。

さて、今回は先日このブログで伝え切れなかった選
手名鑑・フォーメーション・戦術について書き綴ってい
きたいと思います。

この記事で更にサンフレッチェ広島の魅力や弱点など
導き出せることでしょう。

皆さんお楽しみに。
では、早速参りましょう。

『サンフレッチェ広島戦力図』

2011サンフレッチェ広島GK・DF.GIF

2011サンフレッチェ広島MF.GIF

2011サンフレッチェ広島FW.GIF

【システム】
基本スタイル
『3-4-2-1』 op『3-4-1-2』

2011サンフレッチェ広島【3-4-2-1】.GIF

2011サンフレッチェ広島【3-4-1-2】.GIF

【戦術】
広島の基本戦術は【3-4-2-1】が中心になるものと
思われる。
サイドの山岸・ミキッチを基点として、四方八方から
パスを匠に利用しスピードある攻撃が売りとなる。

攻撃陣があまり機能せず手薄になった場合のこと
を考えオプションは【3-4-1-2】を採用するだろう。

李・佐藤・高萩と前線の選手はポテンシャルが高い
選手が揃っている。
そこに山岸・ミキッチがサイドから攻撃に加わり、
幅広い攻撃のハーモニーを繰り広げることが可能。
まさに3本の矢のごとく多方面から、総攻撃を展開。

広島の戦術は、どちらかというと攻撃重視で、チャ
ンスがあれば常にディフェンス陣(特に水本)も上
がっていく。

ただし、守備には若干難点があり、中央から切り崩
されるケースもあるので、ボランチがしっかりフォロ
ーしながら5枚の守備陣としてしっかり機能させた
いところだ。

カウンターを受けないように、、常に自分達のペース
に持ち込むポゼッションサッカーが出来たとき、広島
の進化が発揮され手に負えないほど厄介なチームへと
変貌することとなるだろう。

【最後に】
いかがでしたか。
特にシステム・戦術においては過去の戦跡や今年の
TM・誌面など参考にさせてもらいながら自分なりの
解釈で書かせていただきました。

システムや戦術はあくまで予想ではありますが、広島
の特徴を考えると、これがベストだと思います。

是非、参考にしながらJリーグを楽しんでくださいね。
では、また。





2011-04-18 12:45 | カテゴリ:未分類
Jリーグ再開まで一週間を切りました。

清水エスパルスは23日(土)ホームアウスタにアビスパ
福岡を迎えての一戦となります。
現在、再開に向けて準備が進み、オランダでアヤックスと
の練習試合やチャリティマッチの磐田戦などで、しっかり
調整している模様です。
この一週間で更なる挑戦をして福岡を迎えたいところです
ね。

一方アビスパ福岡は、九州勢とのチャリティーマッチをは
じめ、しっかり調整して、アウスタに乗り込むようです。

どちらにとっても久しぶりの勝負の懸かった試合。

相当気合も入っていることでしょう。

さて、この試合の行方はいかに・・・

そこで、今回は、この試合に先駆けて勝敗予想を行います。

清水vs福岡の一戦でどちらが勝つか又は、ドローとなるの
か、皆さんの予想をお聞かせください。

この記事に、アンケートを載せていますので、皆さん奮って
ご参加くださいね。

この記事が、Jリーグを盛り上げる一要素になれば、私も
嬉しく思います。

お気軽に勝敗予想にご参加くださいね。
皆さんのご参加心よりお待ちしております。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。

【Jリーグ 第7節 清水vs福岡 勝敗予想】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。