-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-30 01:31 | カテゴリ:2011・J1戦力図
みなさん、こんばんは。
いかがお過ごしですか。

Jリーグも復興に向けて徐々に準備が
進んでいます。

今日はチャリティーマッチも行われましたね。
実に楽しい試合でした。
結果などマッチレポートは後日このブログでも
書かせていただきますね。
お楽しみにd(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

さて、先日書かせていただきました、『2011
川崎フロンターレの戦力分析』楽しんで
いただけましたでしょうか。

戦力分析では、新加入選手や、チームを去った選手
そして戦術などに触れていきましたが、まだまだ書
ききれなかった部分もあったことと思います。

そこで、今回は、戦力分析では書ききれなかった、
選手名鑑・システム・戦術について書いていきます。

Jリーグを楽しむ1要素となれば、
私もうれしいです。

では、早速参りましょう。

『川崎フロンターレ戦力図』

【GK】
2011川崎フロンターレGK.GIF

【DF】
2011川崎フロンターレDF.GIF

【MF】
2011川崎フロンターレMF.GIF

【FW】
2011川崎フロンターレFW.GIF


【システム】
基本スタイル
『4-4-2』 op『4-2-3-1』


2011川崎フロンターレ【4-4-2】.GIF

2011川崎フロンターレ【4-2-3-1】.GIF

【戦術】
基本的には昨年終盤で採用した【4-4-2】
を継続するものと思われる。

川崎の今年の課題は失点を少なくすること。
ただし、厚みのある攻撃型を目指すことは、
変わりなし。
そこに、組織力の向上を図る模様だ。

ボランチでしっかり固めつつ、サイドから
も攻撃したいというのが本音のようだ。

それゆえに中村・稲本のダブルボランチを
採用するものと思われる。

戦術として、レナチーニョ・V ジュニオール
・鄭大世がいた頃の前線を基点とした戦い方
よりも組織力を向上し、そこにジュニーニョや
山瀬を筆頭に、前線の選手達がが絡んでいくと
いうイメージに変化させていくものと思われる。

ただし、前線がうまく機能できなかったとき、
稲本をアンカー・中村を一つ前にだし、供給役
に専念させる【4-3-3】をオプションとして採
用するケースもあるかもしれない。

監督も相馬監督に代わり、新生川崎フロンターレ
のサッカーを、一サッカーファンとして注目したい
ところだ。

【最後に・・・】
いかがでしたか。
特にシステム・戦術においては過去の戦跡や
今年のTM・誌面など参考にさせてもらいながら
自分なりの解釈で書かせていただきました。

システムや戦術はあくまで予想ではありますが、
川崎の特徴を考えると、これがベストだと思います。

是非、参考にしながらJリーグを楽しんでくださいね。
では、マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。