-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-03 22:30 | カテゴリ:ヴィッセル神戸
皆さんこんにちは。
まさやんです。

いかがお過ごしですか。

3月は本当に凄く大きなことが起こりすぎて、
混乱を起こし、無理して動いて、心が折れそ
うになりました。

少し、無理せず休んで、4月に突入し、気持
ちを切り替えたいと思っています。

心が疲れたときに急に切り替えるのは難しい
ことでしょうが、何時までも沈んでいられな
いので、立ち上がるしかありません。

皆さんの中にも、心が折れそうで疲れている
人はたくさんいるでしょう。

私も多くの仲間に支えられて今ここにいます。
私を支えてくださった多くの方たちに、お礼を
言うとともに、今度は自分が支え似なれるよう
に少しずつ、このブログを通じて、Jリーグを
盛り上げ多くの人たちの笑顔を少しでも取り戻
すきっかけになれればと思う。

そのためにも、私は、今後ゆっくりでも歩みを
進めていきます。

Jリーグも今月いよいよ再開されます。
色々情報展開していきますので、お楽しみに。
。o@(^-^)@o。ニコッ♪。

さて、休み明け一発目はやはり、私が応援して
いるヴィッセル神戸の記事を書きます。

今回はの記事は、『【考察】ヴィッセル神戸は
2011シーズン一桁順位に入れるか。』につ
いて、自分なりの解釈で語ろうと思います。

皆さんお楽しみに。
。o@(^-^)@o。ニコッ♪。

では早速参りましょう。

『【考察】ヴィッセル神戸は2011シーズン
一桁順位に入れるか。』


まず、今までヴィッセル神戸は、良くも悪くも
大久保ボッティ頼みだった印象がとても強い
チームであった。

もし、今までの神戸のままであったら、間違い
なく今年も残留争いの中心にいることでしょう。

しかし、昨年終盤に入ってから、慶治朗・森岡
君とフレッシュな選手が出てきて、かなり活性
化されるようになってきた。

更に若手とベテランが一致団結し、チームにフ
ィットしたことで、チーム力もかなり向上され
たように感じました。

もちろん、まだまだ過大は多いです。
ただ、その中でも徐々に変わろうとしている点
は評価に値します。

現在私が注目している選手は、慶治朗・森岡君
・ジェミン・林選手の4名。

慶治朗は、ドリブル・パス・突破力とどれをと
ってもずば抜けている。
出始めた頃は、ポスト大久保と言われていたこ
ともあったが、今の慶治朗は決してポスト大久
保とは思わない。
誰の変わりでもなく間違いなくレギュラーとし
て戦力になれる選手である。

ただ、基本的には左サイドでのプレーヤーであ
るだけに競争相手が嘉人になることもあって、
どうしても比較対照として比べられるが、義人
が右サイドに移動し慶治朗と共に融合できたら、
神戸の攻撃力もかなり活性化されるのは間違い
ない。
まだ経験不足の感もあるが、将来が非常に楽し
みなプレーヤーであることは周知の事実だ。

森岡君は、本来ボランチでありながら、突破力
前への攻撃参加ともにずば抜けている。
開幕の浦和戦でも証明したように、彼の前に出
る姿勢が、神戸を活性させ先制のチャンスを演
出している。

あくまで私的観点ではあるが、ポストボッティ
として、神戸の心臓として、将来背番号10を
背負える選手と期待している。
あとは、経験値・90分戦えるスタミナ・パス
センス・ゲームメイキング能力を向上させても
らいたい。

将来の神戸にとって、彼の力は絶対に必要とな
ることと私は考えている。

ジェミンは、正直最初大丈夫かなぁ???
と思うほど、チームに溶け込んでいなかったよ
うに感じました。

まだまだ、フィットし切れていない感もあるん
ですが、サイドバック転向がいいきっかけにな
ったようで、持ち前の裏へ抜ける突破力とスピ
ードが如何なく発揮できているように思えるプ
レイが多く見られるようになってきた。

まだまだ、ボールを持ちすぎて、かんたんにボ
ールを失うシーンも見られるが、ドリブル・パ
ス能力、そしてチームにフィットすることと、
この辺の向上が見られれば、十分戦力として考
えられる。

ただですら、サイドバックが手薄な神戸にとっ
て、彼が貴重な戦力になることを、切に願って
いる。

そして、最後に林選手
彼は、左利きの左サイドバックを専門職として
いる選手である。
左サイドバックの専門職がいない神戸(大屋翼
が唯一の専門職だが現在長期離脱中)にとって
は林選手の加入は非常に大きい。
彼のよさは、豊富に動ける運動量とパス・クロ
スの正確さである。
積極的なオーバーラップと得点に絡む正確なパ
ス・クロスを是非に期待したい選手である。

一方で、体格・フィジカルは若干弱い部分喪あ
るためロングボールでの空中戦で狙われ、ほこ
ろびを突かれる可能性もあるが、インテル所属
の長友選手のように、相手が仕掛けてくる前に
果敢に攻め続けられたら、脅威にもなるだろう。
和田監督にも、早くも仕えるめどが立ったとい
わせる位の逸材であるだけに、自ずと期待値が
上がっている

将来、神戸の左サイドバックを背負い、神戸飛
躍に一枚絡んでいただきたいと期待が膨らんで
います。

彼ら4名に、神戸の中心選手たちがうまく融合
していくことで、神戸が飛躍することは十分考
えられるし、客観的に冷静に判断しても、上位
で争うことは十二分に考えられる。

ヴィッセル神戸は、負け癖が突き出すと、一気
に沈みだす悪い癖がある。
メンタルが他のチームより弱い部分があるのが
難点ではあるが、今年は神戸はキャンプやTM
・日々のニュースなどを見ていく中で、かなり
完成度が高い気がします。

決して8位に入ることが無謀とは思えません。

もちろんいきなりACL圏内に入れるとは思って
いませんが、他のチームでかなり戦力ダウンし
ていたり、かなりの選手が入れ替わっているの
を見ると、1桁順位は十分チャンスがあるし、
出来るものだと思っている。

この8位予想は、決して贔屓目での8位予想で
は無いです。

ここ数年はJリーグもかなり混戦状態になって
きた。
それだけに、決して無理とは考えていません。
一歩間違えばどのチームも降格がありえる状況
だけに、昨年同様、けが人を多発させたり、無
駄なイエローによる出場停止が大きく響き、残
留争いすることもありえるでしょう。
今年はもう、そういう神戸を見たくありません。
ベストの状態で戦う集団として、上位進出を狙
って、突き進んでいただきたい。
選手・監督・スタッフ・サポーターが一致団結
し戦うことで、神戸は大きく生まれ変わるだろ
う。

私もサポーターの一人として戦います。
まずは、再開初戦の甲府戦をしっかり勝ち、勝
ち点3を取りましょう。

私はヴィッセル神戸の飛躍を信じています。
頑張れヴィッセル神戸。
そして私達サポーターもトモニイコウ。

では、マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。





スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://jinfobureau.blog69.fc2.com/tb.php/14-47cae863
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。