-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-07 23:50 | カテゴリ:ガンバ大阪
ACL初戦で勝利を収めたものの、3/15の第2節『天津戦』
で敗戦し、リーグ突破には負けられない戦いとなった
第3節済州ユナイテッドとの一戦が5日行われた。

Jリーグの看板を背負い、このACLに出場している以上、
もうこれ以上負けられない。
何が何でも、済州に勝利し勝ち点3を勝ち取ってもらい
たいものだ。

さて、今回はそのマッチレポートを簡易ながら行います。
お楽しみに。。o@(^-^)@o。ニコッ♪。

では、早速参りましょう。

【ACL第3節 G大阪vs済州 マッチレポート】

日時:4月5日(火)
試合会場:済州ワールドカップスタジアム
開始時間:19:30


【スターティングメンバー】

『ガンバ大阪』
GK 1 藤ヶ谷陽介
DF 13 キムスンヨン・2 中澤聡太
・4 高木和道・6 下平匠
MF 17 明神智和・7 遠藤保仁
・10 二川孝広・11 宇佐美貴史
FW 22 イグノ・9 アドリアーノ

『済州ユナイテッド』
GK 1 キムホジュン
DF 4 キムインホ・6 チェウォングォン
・13 マチョルジュン・15 ホンジョンホ
MF 5 パクヒョンボム
FW 7 キムヨンシン・10 シンヨンロク
・16 ペギジョン・22 イヒョンホ
・39 サントス

【試合結果】
1-2とガンバの逆転負け。
『得点者』
22分:中澤聡太(G大阪)
53分:シンヨンロク(済州)
64分:ペギジョン(済州)

【コメント】
この試合【4-4-2】の布陣で挑んだガンバ大阪は、
試合開始直後からかなり気合の入っていたプレイを
していたようだ。
ボールポゼッションも高く、次々とチャンスを演出
していく。
一方済州はカウンター主体で、ロングボールを放り
込んで仕掛けたり、サイドからの仕掛けが中心だっ
た。
その中、ガンバは22分コーナーキックから、DF
中澤がヘディングシュートで先制点をたたき上げる。
その後も、勢いに乗って済州を突き放すかに思えた
が、ガンバは、なかなかシュートを決められない。
すると流れが徐々に済州へと移っていく。
前半は何とか、1点リードで折り返すが、後半は済
州のペースで試合展開されていく。
そして、53分・64分と点を取られ、結局は逆転
負け。
これでガンバも後がなくなったといえるだろう。

ACL第1節で勝利し、滑り出しは順調に見えたガ
ンバだが、この一敗で窮地に追い詰められた。
後残り3節、もう引き分けも許されない。
たとえ3勝して最悪グループリーグ敗退の可能性す
らある厳しい状況だ。
しかし、相手どうこうとは言ってられない。
とにかく残り全てを勝利し、グループを勝ちぬけて
ほしいた。
だそれだけを願っている。

【最後に・・・】
以上、マッチレポートでした。
楽しんでもらえましたか。

ここ2戦、勝利から遠ざかってしまったガンバですが、
お得意のパスサッカーが機能してくれば確実に得点力
は上がってくるでしょう。
前半も勢いがあったようだし、決して調子が悪いわけ
ではないはずです。
しっかり課題を修正して次節以降巻き返してもらいた
いですね。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。





スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://jinfobureau.blog69.fc2.com/tb.php/18-7617504d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。