-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-27 00:55 | カテゴリ:2011・J1戦力分析
みなさん、こんばんは。
まさやんです。

Jリーグも再開に向かって着々と準備が進んで
いるようですね。
各地でチャリティーマッチも行われ、被災地に向
けて元気と勇気を届けられたらいいと思います。

さて、前回、名古屋グランパスの戦力分析を自分
なりの解釈でしてみましたがいかがでしたか。

名古屋のよさや弱点などそれなりに分析できたかと
思います。
もしコメントなどありましたら随時受け付けていま
すのでどんどんコメントしてくださいね。

今回は、予告した通りガンバ大阪の戦力分析を
してみたいと思います。
※なお、選手名鑑や詳しいシステムフォー
メーション等はこちらをご覧ください。
【2011ガンバ大阪戦力図】


①【選手動向】
・IN
キムジョンヤ・藤春廣輝・キムスンヨン・大森晃太郎
アドリアーノ・川西翔太

まず、セレッソ大阪に期限付き移籍していた、アドリ
アーノが完全移籍で入ってくるのは大きい。

ずば抜けた得点感覚はもちろんのこと、豊富な運動量
とドリブルスピードは天下一品。
下手をすればファール覚悟でしか止められない。
このスピードは、かなりの武器になる。

しかもただ前線で待ち構えているだけでなく、献身的
な守備もできる。

豊富な運動量とスピードを活かし、最前線から一気に
最交尾まで戻り、守備に貢献するシーンも何度か見て
いる。

ガンバの攻撃的パスサッカーには、うってつけの選手
が加入してきたといって過言ではないだろう。

後は、韓国からキムスンヨンが入ってきたことも大き
い。
彼らがいち早くチームにフィットし、戦力となれば、
バランスもさらによくなる、従来の攻撃的パスサッカ
ーにさらに拍車がかかるだろう。

考えただけでも実に恐ろしい話だ。

・OUT
ルーカス・チョジェジン・ドドの外国人トリオと安田
兄弟の5名。

ルーカス安田(理)の抜けた穴は大きいが、先ほどにも
申し上げた通り、アドリアーノが入ってくることで、ル
ーカスの穴は埋められるだろう。

問題は安田(理)の抜けた左サイドバックをどう埋める
かが問題になるのではないだろうか。

②【戦術・システム】
基本的にシステムは4-4-2で行くだろう。
巧みにパスを使い、全体的に攻撃するスタイルを今年も
貫いて来るだろう。

サイドからも中央からもどこからともなく攻撃できるの
がガンバの最大の武器だと思う。

イグノ・アドリアーノ・平井・宇佐美・遠藤・橋本・二
川・キムスンヨンと攻撃陣の駒が揃っているのも魅力の
一つ。

その中でも鍵を握っているのはやっぱり遠藤。
ボランチ・トップ下などユーティリティにプレイできる
彼が、いかにタクトを振るうか。
そこがガンバ攻撃陣にとってすごく重要となるだろう。
うまく機能すれば、昨年以上の爆発力は間違いない。
ただただ怖い話である。

一方守備陣はかなり穴があると言ってもいい。
昨年のJ1トップ5の中で失点44は、川崎についで
ワースト2位。
鹿島・C大阪と比べても10点以上差がある。
この失点数の多さを改善できなければ、いくら点をとっ
ても、優勝争いでは苦しくなると思う。

そこで、一番の懸念材料が安田(理)の抜けたことだ。
彼が抜けた穴は本当に大きい。

彼に変わる人材がルーキー以外では、下平・高木の2人
しかいない上に高木の本職はCB。

最悪下平がケガなどで出れなくなった場合、層の薄さが
かなりネックになってくる。

それからCBにしても層が厚いかといわれるとそれほどで
はない。

所々で試合を観てきたが、高木・中澤のコンビにしても
ミスが目立つシーンもあり、名古屋の様に安定している
とは言い難い。

当然、彼らにかかる負担も大きいだろうし、ミスも出て
くるだろう。
そういう時のバックアッパーが山口くらいしか思い浮か
ばない。

この辺の問題点を改善できない限り、今シーズンも守備
面で苦労するだろう。

事実ここ一番勝たなきゃいけない試合を落としてきている。

そこが、ガンバらしいと言えるのだが、取りこぼしが致命
傷となりかねない。
そこを道州制するのか、それともその問題点を補うほどの
破壊力を見せつけてくるのかそこがみものではある。

以上が、私なりのガンバ大阪の分析です。

ガンバ大阪との対戦では、遠藤を軸に簡単にパスを回させな
いのがベストな戦い方でしょう。

ガンバの特徴をうまく消すことができれば勝算はある。そう
考えてます。

さて、次回はJ1・3位と躍進したセレッソ大阪を分析いたし
ます。
セレッソ大阪も関西勢の魅力あるチームであります。
そのセレッソの魅力を引き出せるよう分析いたします。

お楽しみに。
では、マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。





スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://jinfobureau.blog69.fc2.com/tb.php/5-904375a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。