-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-28 13:54 | カテゴリ:2011・J1戦力分析
みなさん、こんにちは。
まさやんです。

他のブログでもお話させていただいたのですが、
私の大好きな国であるドイツで、この度東日本を
襲った巨大地震に対して、被災地に向けてチャリ
ティーマッチが開催されました。
本当に嬉しいことです。
海外でも日本のことを思いやり、協力的に活動し
てくれているようですね。
またJリーグも再開までの間、各地でチャリティ
ーマッチが開催され、被災地にいろんな意味でバ
ックアップしています。

今回の震災はとてつもなく大きな傷跡を残してい
ったけど、悲しいことだけではなく、人と人の繋
がりあいを再確認できたいい部分もあったと思う。
そういう風に考えれば少しは明るく前に迎えるだ
ろう。
うまく言うことが出来なくもどかしい気持ちだが
みんな一人では無いので、手と手を取り合って強
力しながら前に進んでいきましょう。

さて、前回は、セレッソ大阪の戦力分析を自分な
りの解釈のもと、セレッソ大阪の魅力や弱点を引
き出せるように分析してみましたが、いかがでし
たか。

少しはセレッソ大阪の魅力や弱点を引き出し、J
リーグを楽しく盛り上げることが出来たと思いま
す。

今回は、予告通り鹿島アントラーズの戦力分析を
してみたいと思います。
被災して鹿島にも相当影響しているようですが、
どうか復興に向かって頑張ってください。
私も精一杯応援します。

トモニ頑張りましょう。

では、早速戦力分析に参ります
お楽しみにd(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

※なお、選手名鑑や、詳しいシステムフォーメー
ション等はこちらをご覧ください。
【2011鹿島アントラーズ戦力図】


①【選手動向】
・IN
田代有三・カルロン・増田誓志・土屋聖真・柴崎岳
梅鉢貴秀・アレックス・西大伍・昌子源

田代・増田とレンタル組も帰ってきて、より一層分厚く
なった感じがします。
さらに、新外国人カルロンが加入して、きてレギュラー
争いも熾烈になるのは間違いない。
右サイドバックの西が加入することも大きい。
うまくチームにフィットしたら、最終ラインは盤石のも
のとなるだろう。
考えただけでも末恐ろしいことだ!!

・OUT
マルキーニョス・佐々木竜太・船山祐二・鈴木修人
川島大地・大道広幸・大岩剛・笠井健太・ジウトン
川俣慎一郎

得点感覚を持っているマルキーニョスがいなくなるのは
大きいが、新加入のカルロンがその穴を埋めれれば、何
の問題もない。

また、鹿島は層が厚いだけに、佐々木・船山の放出にし
ても、それほど影響はないはず。

当然放出している分マイナスにはなっているが、その分
ピンポイントで穴を埋めるようなすばらしい補強もしっ
かり出来ていて、トータルではかなりのプラスとなって
いるものと思う。

②【戦術・システム】
基本的にシステムは【4-4-2】で行くだろう。
攻撃陣に関しては、カルロンの働きに期待はかかるが、
大迫・田代と、控えも充実している。
また、中盤に関しては、相当レベルが高く層も厚い。
けが人などなくローテーションをうまくこなすことが
できれば、間違いなく今年も上位争いするだろう。

中盤・守備において、小笠原の存在も大きい。
彼がゲーム中いかにタクトを振るうか。
この点にも注目したいところだ。

一方守備の方は、両サイドバックが若干相が薄い。
しかし、それも昨年までの話。

西・アレックスの加入で、懸念材料も解消できた
ように思える。

万一、新井場も含めた3人の内2人が
怪我などで出れなかったとしても、
最悪、中田浩二がサイドバックに入ることもできる。

ローテーションという意味も含めかなり補強できて
いるのではないだろうか。

あと、CBに関しては、文句のつけようがないほど駒
が揃っている。
代表クラスの伊野波・岩政を軸に、鉄壁の最終ライ
ンとなるだろう。

唯一穴をあげるとするなら、連携がうまく行かなく
なったときの質の低下だけだろう。
このチームの要は、なんと言っても小笠原選手であ
るのは周知の事実。

鹿島の場合、彼が攻撃に絡んだ直後に穴が少しだけ
出来る。

普段は小笠原がタクトを振り守備ラインも機能する
ため多少のカウンターを食らったとしても問題は無
いが小笠原選手が前線に上がった直後は守備ライン
も整っていないことが多く、わずかながらの隙も出
来、盲点となってしまう。

相手チームが付け入るのであればここしか無いだろ
う。
小笠原選手が前線にいて早急に戻れない場合や、彼
自身が試合に出れない場合など、連携が弱まる可能
性があるときにどれだけバランスを保ち鹿島らしい
王者としてのどっしりとしたサッカーが出来るかが
肝となる。

そして、何よりも鹿島にとって心強いのは、絶対的
な守護神・曽ヶ端の存在だ。

彼の存在が鹿島を安心して戦える集団にして、世界
を相手に闘える軍団へと変貌させることが出来るの
だ私は考えている。

曽ヶ端・小笠原に頼りきりでは駄目だが、彼らの偉
大な存在に助けを受けながら、しっかり安定した守
備を機能させられれば、おのずと上位争いを演じる
こととなるだろう。

まぁ、多少のアクシデントがあったとしても鹿島が
今年も上位に入ることは間違いないと思う。

【最後に・・・】
今回は鹿島アントラーズの戦力分析を師弟見ましたが、
いかがでしたか。
分析をすればするほど、分厚い選手層を見せ付けられ
ているようでうらやましくて仕方ありません。

これだけ層が厚いのだから、ACLまで視野に入れて
しっかり闘っていきたいところだ。
鹿島は多少スタミナ切れを起こすこともあるので、長
期の大変なスケジュールに対応できるように、しっかり
ローテーションさせるなどして、レギュラー及び控えが
一丸となって機能させることが最大課題となるだろう。

今年の鹿島が長期にわたりどんなサッカーを展開して
くるのか非常に楽しみである。

さて、次回は昨年J1・ 5位の川崎フロンターレを分
析いたします。

この分析を通じて、川崎フロンターレの魅力や弱点を
少しでも多く引き出し、皆さんにJリーグの楽しさが
伝えられればと思い、気持ちを込めて分析いたします。

皆さんお楽しみに。
では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!





2011-03-27 11:16 | カテゴリ:2011・J1戦力分析
みなさん、おはようございます。
まさやんです。

いかがお過ごしですか。

大震災の影響もあって、現在Jリーグは中断してお
りますが、再開も4月23日に決まり、復興へ向け
てチャリティーマッチなども各地で行われていくよ
うですね。

私達サポーターも各チームと一緒にJリーグを盛り
上げていきましょう。

さて、前回ガンバ大阪の戦力分析を自分なりの解釈
の元様々な角度から行いガンバ大阪の魅力や、弱点
など書かせていただきましたがいかがでしたか?

この戦力分析を通じガンバ大阪のことを一人でも多
くの方が好きになっていただけたら、私としてもう
れしい限りです。。o@(^-^)@o。ニコッ♪。

今回は、前回予告した通り、セレッソ大阪の戦力分
析をしてみたいと思います。
※なお、選手名鑑や詳しいシステム・フォーメーシ
ョン等はこちらをご覧ください。
【2011セレッソ大阪戦力図】


①【選手動向】
・IN
中後雅喜・倉田秋・村田和哉・キムボギョン
野口直人・夛田凌輔・高橋祐太郎・キムソンギ

倉田・キムボギョンはトップ下としてゲームメイクが
出来、今後のセレッソの中心選手として、大きく期待
もできる。
特に、キムボギョンはトップ下の第一候補として見ら
れることだろう。

ただし、あくまでチームにフィットすることが大前提
だ。
中後は、マルチネスの相方としてボランチで活躍する
のではないかと思われる。

この3人がいかにチームに溶け込むかが、上位キープ
または優勝争いの鍵を握っているのではないかと思わ
れる。

さらに欲を言うと、他の若い新戦力の内何名か活躍
すれば今シーズンも確実に上位争いができるだろう。

・OUT
アドリアーノ・アマラウ・家長昭博
羽田憲司・石神直哉・山下達也

昨年途中で香川真司が抜けた穴をよくカバーして、
3位に食い込んだのは素晴らしいが、今回は厳しく
なりそうだ。

今回チームを去った選手の穴は非常に大きい。

まず、アドリアーノ・アマラウの両外国人が抜ける
のは、セレッソ大阪にとっては、かなりの戦力ダウ
ンとなるだろう。

特にアドリアーノの運動量・スピード・前線であり
ながら守備に対する貢献度・姿勢は実にすばらしく、
彼が抜けた穴をどうカバーするのかが問題である。

このことを考えると、他のメンバーにかかる負担は、
図りしれない。
アマラウの抜けた穴は、キムボギョンが持ち前のテ
クニック・ゲームメイク能力など、ポテンシャルを
発揮できれば、問題なく埋まることだろう。
なので、アマラウが抜けることに関しては、極端に
心配はしなくてもいいかもしれない。

そして、サイドのスペシャリスト、家長・石神が抜
けたことは非常に大きい。

ただですら、両外国人が抜けているのに、家長・石
神までも抜けるとなるとかなり厳しくなる。

まぁ、乾・清武がフル活動できれば、多少問題も緩
和されるが、サイドハーフ・サイドバックの層が確
実に薄くなったことは、紛れもない事実。

その問題をいかにクリアするのかが課題となるだろ
う。

②【戦術・システム】
基本的にシステムは4-2ー3-1でいくだろう。
攻撃陣に関しては、ワントップの下に3枚MFを置
くことで両サイドからはもちろんのこと、中央から
も厚みのある攻撃をくり広げてくるものと思う。

ただ、アドリアーノ・アマラウが抜けるだけに、ト
ップ下・CFの代わりを見つけることからスタート
するしかない。

一応CFの候補は小松・播戸、トップ下は倉田・キム
ボギョンだが、小松・播戸は控え組だったわけだし、
倉田・キムボギョンにいたっては新加入だけに、チ
ームにフィットするかどうか不明だ。

攻撃陣で計算できるのは、乾・清武の両サイドハー
フだけ。

出来る限り、彼らにはフル活動してもらいところだ
ろう。

一方守備面に関しては、石神・羽田と戦力が抜けて、
ここも戦力ダウンとなるだろう。

確かに、昨年は、茂庭・上本と即戦力が入り守備も
安定していた。

しかし・・・・

そもそもセレッソの守備はかなり穴があった。
まるでノーガードのうちあいを見ているようで、あ
る意味面白いサッカーだが、失点が多くJ2にも降
格経験がある。

今シーズンは昨年よりさらに層が薄くなる。
さらに今年はACLもある。

シーズンを通して層の薄さが響く時が、必ず訪れる
だろう。

その辺を茂庭・上本のCBコンビを軸に、いかにやり
くりしていくかがポイントとなるだろう。

昨年は失点数も少なく上位に食い込んだがJ1昇格
組が躍進することはよくあること。

今年また従来通り失点数が増えれば、昨年はたまた
まだということになる。

それだけに、今シーズンはセレッソ大阪にとって、
重要な一年となるだろう。

【最後に・・・】
いかがでしたか?
今回はセレッソ大阪を私なりの解釈で分析してみました。
自分で言うのもなんですが、この分析を通じて、わずか
ながらセレッソ大阪の魅力や弱点を引き出せたことと思
います。

さて、次回はJ1・4位ながら天皇杯を制したと鹿島ア
ントラーズを分析いたします。

みなさま、お楽しみに。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では、マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。





2011-03-27 00:55 | カテゴリ:2011・J1戦力分析
みなさん、こんばんは。
まさやんです。

Jリーグも再開に向かって着々と準備が進んで
いるようですね。
各地でチャリティーマッチも行われ、被災地に向
けて元気と勇気を届けられたらいいと思います。

さて、前回、名古屋グランパスの戦力分析を自分
なりの解釈でしてみましたがいかがでしたか。

名古屋のよさや弱点などそれなりに分析できたかと
思います。
もしコメントなどありましたら随時受け付けていま
すのでどんどんコメントしてくださいね。

今回は、予告した通りガンバ大阪の戦力分析を
してみたいと思います。
※なお、選手名鑑や詳しいシステムフォー
メーション等はこちらをご覧ください。
【2011ガンバ大阪戦力図】


①【選手動向】
・IN
キムジョンヤ・藤春廣輝・キムスンヨン・大森晃太郎
アドリアーノ・川西翔太

まず、セレッソ大阪に期限付き移籍していた、アドリ
アーノが完全移籍で入ってくるのは大きい。

ずば抜けた得点感覚はもちろんのこと、豊富な運動量
とドリブルスピードは天下一品。
下手をすればファール覚悟でしか止められない。
このスピードは、かなりの武器になる。

しかもただ前線で待ち構えているだけでなく、献身的
な守備もできる。

豊富な運動量とスピードを活かし、最前線から一気に
最交尾まで戻り、守備に貢献するシーンも何度か見て
いる。

ガンバの攻撃的パスサッカーには、うってつけの選手
が加入してきたといって過言ではないだろう。

後は、韓国からキムスンヨンが入ってきたことも大き
い。
彼らがいち早くチームにフィットし、戦力となれば、
バランスもさらによくなる、従来の攻撃的パスサッカ
ーにさらに拍車がかかるだろう。

考えただけでも実に恐ろしい話だ。

・OUT
ルーカス・チョジェジン・ドドの外国人トリオと安田
兄弟の5名。

ルーカス安田(理)の抜けた穴は大きいが、先ほどにも
申し上げた通り、アドリアーノが入ってくることで、ル
ーカスの穴は埋められるだろう。

問題は安田(理)の抜けた左サイドバックをどう埋める
かが問題になるのではないだろうか。

②【戦術・システム】
基本的にシステムは4-4-2で行くだろう。
巧みにパスを使い、全体的に攻撃するスタイルを今年も
貫いて来るだろう。

サイドからも中央からもどこからともなく攻撃できるの
がガンバの最大の武器だと思う。

イグノ・アドリアーノ・平井・宇佐美・遠藤・橋本・二
川・キムスンヨンと攻撃陣の駒が揃っているのも魅力の
一つ。

その中でも鍵を握っているのはやっぱり遠藤。
ボランチ・トップ下などユーティリティにプレイできる
彼が、いかにタクトを振るうか。
そこがガンバ攻撃陣にとってすごく重要となるだろう。
うまく機能すれば、昨年以上の爆発力は間違いない。
ただただ怖い話である。

一方守備陣はかなり穴があると言ってもいい。
昨年のJ1トップ5の中で失点44は、川崎についで
ワースト2位。
鹿島・C大阪と比べても10点以上差がある。
この失点数の多さを改善できなければ、いくら点をとっ
ても、優勝争いでは苦しくなると思う。

そこで、一番の懸念材料が安田(理)の抜けたことだ。
彼が抜けた穴は本当に大きい。

彼に変わる人材がルーキー以外では、下平・高木の2人
しかいない上に高木の本職はCB。

最悪下平がケガなどで出れなくなった場合、層の薄さが
かなりネックになってくる。

それからCBにしても層が厚いかといわれるとそれほどで
はない。

所々で試合を観てきたが、高木・中澤のコンビにしても
ミスが目立つシーンもあり、名古屋の様に安定している
とは言い難い。

当然、彼らにかかる負担も大きいだろうし、ミスも出て
くるだろう。
そういう時のバックアッパーが山口くらいしか思い浮か
ばない。

この辺の問題点を改善できない限り、今シーズンも守備
面で苦労するだろう。

事実ここ一番勝たなきゃいけない試合を落としてきている。

そこが、ガンバらしいと言えるのだが、取りこぼしが致命
傷となりかねない。
そこを道州制するのか、それともその問題点を補うほどの
破壊力を見せつけてくるのかそこがみものではある。

以上が、私なりのガンバ大阪の分析です。

ガンバ大阪との対戦では、遠藤を軸に簡単にパスを回させな
いのがベストな戦い方でしょう。

ガンバの特徴をうまく消すことができれば勝算はある。そう
考えてます。

さて、次回はJ1・3位と躍進したセレッソ大阪を分析いたし
ます。
セレッソ大阪も関西勢の魅力あるチームであります。
そのセレッソの魅力を引き出せるよう分析いたします。

お楽しみに。
では、マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。





2011-03-25 22:56 | カテゴリ:2011・J1戦力分析
みなさんこんばんは。
まさやんです。
いかがお過ごしでしょうか。

このたび東日本を襲った巨大地震で多くの方が
被災し傷つき苦しんでいることだと思います。
謹んでお見舞い申し上げます。

本当にこういったときに何も出来ず、
正直悔しい気持ちで一杯です。

なくなったものを取り戻すことは出来ないだろうし、
復興するなんて簡単に出来ることでは無いでしょう。
でも何時までも下を向いて悲しんでいるわけには
いきません。

こういうときこそ、みんなで力をあわせて頑張りましょう。
巨大地震なんかに負けてたまるか。
頑張れ日本!!

さて、この巨大地震の影響で、2011シーズンの
第1節を終えて中断しているJリーグ。
各チームの戦力も整い戦闘モードに入ってますよね。

そこで、別のブログでも行いましたが、復習もかねて
このブログでも2011シーズンの戦力分析をいたします。

今回はその第1回目ということで、昨年のJリーグ王者
名古屋グランパスを戦力分析いたします。
※なお、選手名鑑や詳しいシステムフォー
メーション等はこちらをご覧ください。
【2011名古屋グランパス戦力図】



お楽しみに。。o@(^-^)@o。ニコッ♪。

では、早速参りましょう。

【2011名古屋グランパス戦力分析】

①【選手動向】
昨年と比較すると、サブとしても力を発揮してい
た杉本・マギヌン・竹内の3選手放出したものの、
藤本淳吾以外は、これといった即戦力を入れて
いないだけに昨年より若干穴ができているような
気がします。

※永井選手は、ルーキーだし、まだ未知数な点
もあるのでなんとも言えません。
ちなみに神戸ではあまりフィットしていなかった
ような感じでした。

②【戦術・システム】
基本的に4-3-3・4-2-2で、サイドから
責めてくるスタイルを貫いてくると思います。

名古屋にはケネディという絶対的ポストプレーヤー
がいるので彼が怪我などで抜けない限り、彼経由の
サイド攻撃は破壊力抜群でしょう。

ただし、2011シーズンはマギヌン・杉本が
いないので、小川・玉田・金崎にかかる負担は
大きくなると思います。

これはあくまで私的所感ですが、小川・玉田の
2選手に至っては、サイドからえぐると言うよりは、
ポストプレーヤーを経由して裏に飛び出すタイプ
のような気がします。

それだけにかなりの負荷がかかるものと思います。

その問題お解決するには、清水から移籍してきた
藤本選手の活躍に全てかかっていると思います。
現在ブルノザビッチがケガで離脱中なので、
サイド適正のある藤本選手がチームにフィット
しないと、控えの問題からしてもかなり厳しく
なりそうです。

一方守備に関しては、アンカー:ダニルソン
CB:増川・闘莉王の3人が軸となることは
間違いないでしょう。

右SBが田中隼磨のみしか即戦力がいないのが
かなりのネックではあるが、
最悪、千代反田を守備専門で入れるなりして、
凌げばいいような気がします。

また、GK楢崎の存在は絶大。
昨年も再三のピンチを彼がしのいできている。

名古屋というと攻撃陣が目立っているような感も
あるが、守備がしっかりしていることを
決して見落としてはいけない。

この守備力あってこそ、あのようなサイドからの
破壊力抜群の攻撃が仕掛けられると私は見ている。

まぁ、何にせよ、今年も優勝候補の一角となるのは
間違いないであろう。

名古屋と対戦する場合、いかにケネディを抑えつつ、
増川・闘莉王の裏をつくかが鍵となるでしょうね。

とりあえず、名古屋の分析はこんな感じです。
次回はガンバ大阪の分析をしてみます。

では、また。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。