-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-18 11:26 | カテゴリ:2011・J1戦力分析
ジャンル:スポーツ テーマ:サッカー
みなさん、こんばんは。
まさやんです。

震災の影響を受け中断されていたJリーグですが、
いよいよ今週末に再開されますね。

再開後初めての勝負の懸かった試合でどのような
プレイが飛び出すのか、期待に胸が膨らみます。

私自身、一サッカーファンとして、早く23日が
来ないかなぁと今からわくわくしています。

さて、先日は清水エスパルスの戦力分析を自分な
りの解釈のもと行いました。
少しでも、清水エスパルスの魅力や弱点が引き出
せる用に戦力分析をし、皆さんに楽しんでもらえ
るよう記事を書き綴っていきましたが、楽しんで
もらえましたか。

今後も少しでもJリーグが盛り上がるよう、また、
一人でも多くの皆さんに楽しんでいただけるよう
戦力分析をお届けいたしますね。

今回は、昨年J1・7位だった、サンフレッチェ
広島を戦力分析いたします。
※この戦力分析で書ききれない選手名鑑や
フォーメーション・詳しい戦術などはこちらを
ご覧ください。
【2011サンフレッチェ広島 戦力図】


今回の戦力分析でも、サンフレッチェ広島の魅力
や弱点を少しでも引き出し、皆さんに少しでも楽
しんでもらえるような記事を書き綴ってまいりま
す。

皆さんお楽しみに。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では、早速参りましょう。

【2011サンフレッチェ広島戦力分析】

①【選手動向】
・IN
井波靖奈・鮫島晃太・水本裕貴・西岡大輝
山崎雅人・トミッチ・ムジリ

注目は、京都から加入してきた水本と、外国人
選手として今期から加入したトミッチ。

水本は対人プレーはリーグ屈指なので、彼の活
躍に期待したいところだ。
あと、トミッチはリベロとしての能力が高い選
手なので、ストヤノフの穴をカバーし、守備の
安定化に一役かってほしいところだ。

・OUT
桑田慎一朗・篠原聖・岡本知剛・ストヤノフ
槙野智章・下田崇

放出組で気になるのは、ストヤノフ・槙野・下田。

まぁ下田の退団(引退)に関しては、西川・中林の
両GKが怪我や出場停止などで出れない事態に
ならない限り影響はでないが、ストヤノフ・槙野に
関しては、主力として昨年も出ているだけに、
影響は大きい。

水本を京都から獲得し、新外国人選手としてトミッチ
を獲得したことで、大分穴は埋まるかと思うが、それ
ぞれのポテンシャルが高いといえど、広島に入った状
態での経験値はまだなく未知数な部分はある。

水本・トミッチが広島の戦術にいち早くフィットし、
活躍していくことで、ストヤノフ・槙野の穴をカバー
し、安定した守備を形成することを期待したいものだ。

②【戦術・システム】
基本的にシステムはワイドに広がった、【3-4-2-1】。

従来どおり、ポゼッションを高め、1トップ2シャドー
を基点とし、幅広く厚みのある攻撃を繰り広げてくる
ことだろう。

しかし、ポゼッションサッカーが強みのクラブによく言
えることだが、一度歯車が狂いだすと、とことんまでば
らばらになって、最悪一切機能しなくなることがある。

2007年に降格したときもそうだった。

あれだけ代表クラスの選手がそろっていたのに、なかなか
勝ちきれず、一度チームとしての歯車が狂いだすともうど
うすることも出来なかったようだった。

攻撃面ではその心配はないだろう。
しかし、守備面の影響があるとどうなるかわからない。

その辺のカバーをうまくすれば今年も一桁順位以上の結
果は残せるだろう。

守備面に関しては、ちょっと心配な部分がある。

水本・トミッチを補強したのはいいが、槙野・ストヤノフの
主力級がいなくなったことは間違いなくマイナスに働いてい
る。
そのマイナス部分をいかにこの二人が埋められるかが課題と
なるだろう。

そもそも広島は3バックということもあり、守備に対する人数
は少なく済んでいるが、その分連携力はほかのちーむより求め
られる部分が大きい。

現状即戦力で、守備の専門職かつ完全に広島の戦術を理解でき
ているのは、森脇・中島のみ。
その条件を満たしていなくていいのであれば、駒はあるが、
主力級を失った広島の穴をどれだけ埋められるのか不安である。

補強によって獲得した、水本・トミッチ、昨年活躍した横竹、
昨年試合出場の機会こそなかったが、ベテランとしての経験
が豊富な盛田と駒はそろったので、しっかり戦術浸透し、少
しでも広島に開いた守備のほころびを埋める活躍が期待され
る。

広島のポゼッションサッカーが機能するかどうかは、守備の
安定化次第で決まっていくだろう。

後方からのビルドアップなども予想されるが、ビルドアップ
したあとにシュートで終わらず、カウンターを食らうと、カ
バーしきれず最悪失点も考えられるサッカーが広島のサッカ
ーでもある。
この弱点をカバーできてこそ広島のサッカーが安定して展開
されるのだが、今シーズンはどんな展開が広島を待ち受けて
いるか注目したいところだ。

広島が一番警戒しなければいけないことは、お得意のポゼッ
ションサッカーが機能しなくなったとき、パニックに陥って
ズルズルと引きずり、降格になってしまうことだ。

これは、2007年の二の舞となる行為になるわけだし、
なんとしても避けたい。

広島に悲劇はもう必要ない。

しっかり戦術浸透を図り、新戦力・若手選手・ベテラン選手
繋がりあうことで、相乗効果をもたらし、守備を安定化し、
お得意のポゼッションさカーを機能させられたら、間違いな
く上位に食い込む力を持っていると私は考えている。

今シーズン広島がどんなサッカーを転じてくるのかしっかり
注目しつつ、分析していきたいですね。

【最後に・・・】
以上サンフレッチェ広島の戦力分析でしたが、いかが
でしたか。

何度も言いますが、今シーズンの広島は守備の安定化が
上位進出の鍵を握っています。
それだけに戦術浸透し切れずバラバラになり始めると、
2007年の時のように、お得意のパスサッカーが機能
しなくなり、ほころびが出始めるでしょう。

また、守備の層があまり厚くないのも弱点の一つです。

いかにポゼッションを高めるサッカーと展開でいた
としても、運動量が落ちてくる時間帯は、間違いなく
来ます。

その時間帯で隙が出来たとき、いかにその隙を突き、
広島守備陣を崩しきることが広島との対戦時の攻略法
でしょう。

この攻略法が見事ヒットしたら、広島から勝利するのは
さほど難しくはないだろう。

ここまで弱点が挙げられる広島だが、お得意のポゼッシ
ョンサッカーはまさに脅威。

これが機能し始めると、たとえ、名古屋・鹿島・G大阪
C大阪相手でも、太刀打ちできないほど恐ろしく変貌し
ていくだろう。

私自身神戸戦で何度も広島のプレイを観てきたが、李・
ミキッチをはじめ一度勢いに乗り出すと、本当に手が
つけられない。

ある意味広島のサッカーは、敵としては、もっとも
嫌なサッカーである。

確かに弱点も明確になっているが、それだけに攻撃も
明確かつ凶暴で恐ろしいチームがサンフレッチェ広島
であると私は考えています。

今シーズンのJリーグで、普段のすばらしい広島らし
いポゼッションサッカーが展開されるのか、または、
守備のほころびを埋めるのが必死で、2007年のよ
うな一種のパニック状態に陥ったサッカーになってし
まうのか、今後の展開に注目しつつ、分析していきた
いと思う。

さて、次回は昨年J1・8位の横浜F・マリノスを分
析いたします。
この分析でも、横浜FMの魅力や、弱点などを少しで
も引き出し、皆さんに楽しんでもらえるように、心を
こめて記事を書き綴ってまいります。

皆さんお楽しみに。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。





2011-04-11 23:25 | カテゴリ:未分類
ジャンル:スポーツ テーマ:サッカー
jリーグが中断している間もACLは日程が進み、
先日名古屋・鹿島の2チームが他のチームより一
試合少ない状況の中で、試合を向かえることにな
った。

特に鹿島にとっては、震災の影響をまともに受け
まともな調整も出来ておらず、しかも敵地水原で
の試合と日所に厳しい状況に陥ってしまったが、
そういう状況下であっても負けてはいられない。

名古屋・鹿島と初戦は勝ち点3を取れなかっただ
けにどうしてもこの試合で勝ち点3がほしいとこ
ろだ。

今回は、そのACL第3節の名古屋・鹿島それぞれ
の一戦を軽く振り返ってみます。

皆さんお楽しみに。

では、早速参りましょう。

まず、ホーム瑞穂陸上競技場でFCソウルを迎えて
行われた名古屋グランパスvsFCソウルの一戦から。

名古屋は、前半ルーキー永井のゴールで先制するも
後半16分に豪快なミドルシュートで同点に追いつか
れると、運動量も落ちてきて幾度もピンチを迎えた
が、何とかしのいで1-1のドローで試合終了。

グループリーグ首位を目指すためには、このホームで
どうしても勝ち点3がほしかったが、結局ドローで勝
ち点1しか拾えず依然最下位。

完全に苦境に立たされることになってしまった。

唯一の救いは一試合少ないことだけ。
もう一つの勝ち点も落とせない状況である。

果たして、名古屋グランパスの運命やいかに・・・

一方、敵地水原W杯スタジアムへ乗り込んでの一戦と
なった鹿島アントラーズvs水原三星との一戦は、
調整不足で挑んだ鹿島が序盤劣勢に立たされる。
そんな中でも、さすがは強豪鹿島アントラーズ。
調整不足であっても徐々にペースを握り始め、決定的
なチャンスを演出しだす。

ただし、シュートを決めきることが出来ず、前半は、
0-0で折り返しとなった。

決定機などで点を決めきれずにいると、リズムが悪く
なることは、良くあることで、この試合も同じ展開
となった。
後半に入り、流れが水源に傾きだすと後半22分、左
さいどからのクロスをヨム・ギフンにヘディングで決
められ先制されてしまう。

リズムが悪く先制されると、ズルズルと行きそうにな
るのだがそこは強豪鹿島アントラーズ。
ただでは済まさない。

後半26分に得た左CKを、攻め上がった岩政が頭で
エリア中央へ。

そこから、フリーで待ち受けた中田がゴールを決め同
点に!!
鹿島も気合を入れて同点に持ち込んだが、ここからは、
どちらも決め手に欠き、引き分けで試合終了となった。

鹿島にとっても初戦で勝ち点1しか拾えなかっただけ
に、どうしても勝利で終わりたかったところだが、今
回はアウェイであったことと、調整不足だったことを
考え、負けなかっただけでも良しとすべきなのだろう。

しかも、たまたまというべきか、鹿島のグループは水
原が勝ち点5で抜けているものの、シドニー・上海共
に勝ち点2で並んでいる状況なので、今後勝ち続ければ
予選グループ突破はそんなに難しくない。

グループ首位で通過することを考えると、名古屋同様
苦境であることには違いないが、まだ4試合残っている。
今後しっかり勝ち点を拾っていけば状況も一変するはず
だ。

Jリーグも再開されタイトなスケジュールとなるが、しっ
かり準備して今後の試合に備えてもらいたい。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。





2011-04-08 01:07 | カテゴリ:セレッソ大阪
前半に先制され、猛攻するも2点差を返すことが出来ず、
結局0-2で敗戦に終わった3/16の山東戦から約一ヶ月が
たとうとする4月5日、セレッソ大阪はホームである長居
陸上競技場に、全北現代モータースを迎えてACL第3節
が行われた。

Jリーグ代表として出場している以上、まずラウンド16に
勝ち上がってほしいと期待も高まっていることは、間違い
ない。

この試合負けると、今後かなり厳しくなってしまうことは
わかっているだけに、何があっても勝利して勝ち点3をも
ぎ取ってほしい。

さて、今回はそのマッチレポートを簡易ながら行います。
お楽しみに。。o@(^-^)@o。ニコッ♪。

では、早速参りましょう。

【ACL第3節 C大阪vs全北 マッチレポート】

日時:4月5日(火)
試合会場:長居陸上競技場
開始時間:19:00


【スターティングメンバー】

『セレッソ大阪』
GK 21 キム・ジンヒョン
DF 3 茂庭照幸・22 上本大海
・20 高橋 祐太郎 14 丸橋 祐介
MF 5 中後 雅喜 16 キム ボギョン
・23 倉田 秋・13 清武 弘嗣
FW 9 ホドリゴ・ピンパォン
(控え選手)
GK 1 松井謙弥
DF 4 藤本康太
MF 17 酒本憲幸・25 黒木 聖仁
・26 村田和哉
FW 15 小松塁・19 永井龍

『全北現代モータース』
GK 21 キム・ミンスク
DF 3 シム・ウヨン/6 ジン・ギョンソン
DF17 イム・ユファン/30 ジョン・グアンファン
MF 11 イ・ソンヒョン/14 カン・スンジョ
MF15 キム・ドンチャン/23 ハ・ソンミン
FW 9 ジョン・ソンフン/28 パク・チョンフン
(控え選手)
GK 1 ヨム・ドンギュン
DF 29 イ・グアンヒョン/32 キム・ジェファン
DF 34 キム・ミンハク
MF 18 フアン・ボーウェン/27 キム・ジウォン
FW 19 クルーノ・ロブレク

【試合結果】
1-0とセレッソ大阪の勝利。
『得点者』
53分:乾 貴士(C大阪)

【コメント】
セレッソ大阪はにとっては敗戦後大事な試合となり、
しかもホーム長居での試合なだけに何があっても負け
られない。
とてつもなく大事な一戦であったことは間違いない。

立ち上がりはなかなかボールも繋がらず、リズムも作
り出すことは出来なかったが、リズムの悪い中、失点
をすることなく、徐々にリズムが良くなりだすと、後
半に入り試合が動き出す。

後半8分、セレッソ大阪のFWピンパォンからのヒー
ルパスを受けたMF乾がドリブルで持ち込み祖そのま
まシュート。
このシュートがゴール左隅に決まりまずは先制。
その後、全北に猛攻を受けるが、何とか虎の子の1点
を守りきり、1-0で勝利。

この勝利で勝ち点6となり、3試合終えた時点で、全
北に勝ち点6で並びグループGで首位に躍り出た。
(勝ち点が同数の場合当該チーム同士の対戦での結果
が優先されるため直接対決で勝利したセレッソが首位
になる。)

一試合負けたものの首位での折り返しは、セレッソに
とって大きな自信に繋がる一戦となった。

【最後に・・・】
以上セレッソ大阪vs全北現代モータースのマッチレ
ポートでした。

何度も言うように、前の一戦で敗戦したセレッソにと
って、このホームでの一戦は、何があっても負けられ
ない重要な一戦であったことは、間違いなかった。

この試合では清武が先発から出ていて、セレッソの攻
撃が活性化していたことが非常に大きい。

まだ完全とまではいかないまでも、ピンパォン・乾・
倉田と清武を軸にそれぞれがチームにフィットしだし
て、連携力が向上していたように見受けられる。

相手もスタメンをいじりだして戦力ダウンした状態だ
った様だが、そんなことは一切関係はないでしょう。

セレッソらしさを出しながら勝利し、予選グループを
勝ち抜くことが重要だと思います。

現在3戦を終えて首位で折り返すセレッソ大阪。
このまま、勝ち続け首位でラウンド16へ進んでほし
いものだ。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。





2011-04-07 23:50 | カテゴリ:ガンバ大阪
ACL初戦で勝利を収めたものの、3/15の第2節『天津戦』
で敗戦し、リーグ突破には負けられない戦いとなった
第3節済州ユナイテッドとの一戦が5日行われた。

Jリーグの看板を背負い、このACLに出場している以上、
もうこれ以上負けられない。
何が何でも、済州に勝利し勝ち点3を勝ち取ってもらい
たいものだ。

さて、今回はそのマッチレポートを簡易ながら行います。
お楽しみに。。o@(^-^)@o。ニコッ♪。

では、早速参りましょう。

【ACL第3節 G大阪vs済州 マッチレポート】

日時:4月5日(火)
試合会場:済州ワールドカップスタジアム
開始時間:19:30


【スターティングメンバー】

『ガンバ大阪』
GK 1 藤ヶ谷陽介
DF 13 キムスンヨン・2 中澤聡太
・4 高木和道・6 下平匠
MF 17 明神智和・7 遠藤保仁
・10 二川孝広・11 宇佐美貴史
FW 22 イグノ・9 アドリアーノ

『済州ユナイテッド』
GK 1 キムホジュン
DF 4 キムインホ・6 チェウォングォン
・13 マチョルジュン・15 ホンジョンホ
MF 5 パクヒョンボム
FW 7 キムヨンシン・10 シンヨンロク
・16 ペギジョン・22 イヒョンホ
・39 サントス

【試合結果】
1-2とガンバの逆転負け。
『得点者』
22分:中澤聡太(G大阪)
53分:シンヨンロク(済州)
64分:ペギジョン(済州)

【コメント】
この試合【4-4-2】の布陣で挑んだガンバ大阪は、
試合開始直後からかなり気合の入っていたプレイを
していたようだ。
ボールポゼッションも高く、次々とチャンスを演出
していく。
一方済州はカウンター主体で、ロングボールを放り
込んで仕掛けたり、サイドからの仕掛けが中心だっ
た。
その中、ガンバは22分コーナーキックから、DF
中澤がヘディングシュートで先制点をたたき上げる。
その後も、勢いに乗って済州を突き放すかに思えた
が、ガンバは、なかなかシュートを決められない。
すると流れが徐々に済州へと移っていく。
前半は何とか、1点リードで折り返すが、後半は済
州のペースで試合展開されていく。
そして、53分・64分と点を取られ、結局は逆転
負け。
これでガンバも後がなくなったといえるだろう。

ACL第1節で勝利し、滑り出しは順調に見えたガ
ンバだが、この一敗で窮地に追い詰められた。
後残り3節、もう引き分けも許されない。
たとえ3勝して最悪グループリーグ敗退の可能性す
らある厳しい状況だ。
しかし、相手どうこうとは言ってられない。
とにかく残り全てを勝利し、グループを勝ちぬけて
ほしいた。
だそれだけを願っている。

【最後に・・・】
以上、マッチレポートでした。
楽しんでもらえましたか。

ここ2戦、勝利から遠ざかってしまったガンバですが、
お得意のパスサッカーが機能してくれば確実に得点力
は上がってくるでしょう。
前半も勢いがあったようだし、決して調子が悪いわけ
ではないはずです。
しっかり課題を修正して次節以降巻き返してもらいた
いですね。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。





2011-04-06 23:19 | カテゴリ:ヴィッセル神戸
4月にはいって6日が経ちました。
まだ余震や放射能汚染問題など、今回東日本を
おそった巨大地震の影響は大きく復興には程遠
いかもしれませんが、みんなで助け合って復興
へ向けて動き出してますね。
実にすばらしい光景ですね。
Jリーグでも、今回の大地震の影響がたくさん
でました。
特にナビスコ杯に関しては、リーグ戦の再開時
期次第では中止も検討されていたようで、私も
どうなるのかゆくえを注目していました。

ようやくナビスコカップも大会方式が大幅に変
わったが、何とか6月5日に開催が決定したのは
一サッカーファンとして嬉しいことだ。

肝心の、大会方式については、1 回戦・2 回戦は
ホーム&アウェイ方式、準々決勝以降は1 試合制
のトーナメント方式にて行うこととなった。

なお、ACLに参加している、名古屋グランパス・
ガンバ大阪・セレッソ大阪・鹿島アントラーズは
1・2回戦をシードされ、準々決勝からの登場と
なる。

ちなみに、我らがヴィッセル神戸は、初戦横浜FMと
戦うことになりました。

マリノスとの相性はそんなにいいとは言えないが
決して勝てない相手ではない。
しっかり、準備して、勝利をもぎ取ってもらいた
い。

ナビスコはいまだに決勝トーナメントに出たこと
がないだけに、せめてベスト8には残ってほしい
と思う。

今年のヴィッセルはいつものヴィッセルとは違い
若手がかなり頑張っている。
質の高いサッカーも出来ると思えるレベルをキー
プしているし、決してベスト8が無謀だとは思わ
ない。

今年のヴィッセルならきっとやってくれるはずだ。
私はそれだけ期待しています

もちろん一サポーターとして、ヴィッセル神戸を
応援していきますよ。

頑張れヴィッセル神戸!!
そしてサポーターもトモニイコウ!!

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。